グリーンアスパラガスとパンチェッタのリゾット

スプリング /

グリーンアスパラガスは、軽い親戚の前触れであることが多く、春の初めにはすでに出回っています。ここでも、少なくとも広い意味での地元産であること、飛び回っていないことを確認する。はじめに、スパイシーマウンテンチーズまたはパルメザンチーズを50~75gほどすりおろしておく。

4人分の場合、グリーンアスパラガス1束で計算し、必要に応じて皮をむき、下の方できれいに切り落とし、下3分の1をスライスします。スライスしたものを約200mlのベジタブルストック(インスタントのオーガニック品質のものが望ましい)と一緒に瓶に入れ、魔法の杖でブレンドしておく。1- 2 赤玉ねぎを角切りにし、パンチェッタをさいの目に切って、オリーブオイルをひいたフライパンで半透明になるまで炒める(あればドライベルモットを加える)。アスパラガスは先端を切り落とし、残りの茎は半分か4分の1に切ります。十分な大きさの鍋にオリーブオイルを少々入れ、カルナローリのリゾを加えて炒め、白ワインを適量加えてデグラッセする。リゾに野菜ブイヨンを15分ほどかけてよく混ぜること。同時に、玉ねぎとパンチェッタを炒めたフライパンでアスパラガスを炒め、必要に応じて少量のオリーブオイルを加え、しばらくしてから野菜ブイヨンを加えます。約5分後、ピューレ状にしたアスパラガスの混合物の半分でリゾを覆い、玉ねぎとパンチェッタの混合物の残り半分とアスパラガスの槍を加える。また、アスパラガスの先端を少量のオリーブオイルで5分ほどソテーし、その8割を残りの材料と一緒にリゾットに加えます。ハーブソルト、ペッパー、バルサミコ酢、ナツメグで味を調える。 リゾットがお好みの歯ごたえになったら、先にすりおろしたチーズを入れ、バターを加え、残りのアスパラガスの穂先を美しく飾る。パンチェッタを省けば、ベジタリアン仕様にもなります。

リソ・カルナローリ(1人60~120g/中級~メイン)/オリーブオイル/スパイシーペッパー/ハーブソルト/バルサミコ酢(少量)/ベルモット(あれば)/白ワイン/ナツメグ/グリーンアスパラガス1束/パンチェッタ(できればスモーク)/赤玉ねぎ1~2個/スパイシーマウンテンチーズまたはパルメザンチーズ/バター

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。