Inserate

6118 listings found

Hotel

Masseria Montelauro ****

REGION APULIEN – PROVINZ LECCE /  Interessant erscheint uns, dass eine Masseria ursprünglich eine rein der Landwirtschaft dienende Funktion hatte…

Read More

Location
Otranto
Restaurant

Restaurant Rataskaevu 16 / €€ –...

REGION HARJU / Der Straßenzug, in dem dieses Restaurant eine Heimat fand, sieht einladend aus. Die älteren Strukturen des Gebäudes…

Read More

Location
Tallinn
Shopping

Saint Germain des Prés Café IV (1:17:26)

SAINT GERMAIN / Saint Germain des Prés Café IV (1:17:26)  – um diesen Stream (You Tube) zu hören, bitte diesen Text…

Read More

Restaurant

Bisteak / €€

METZGEREI & STEAKHAUS – REGION LAZIO; ROM / Gut 20 Autominuten vom Pantheon in Rom entfernt liegend wird klar, dass…

Read More

Location
Rom (ITA-Lazio)
Hotel

La Ferme de Marie-Eugénie

B & B, RESTAURANT – REGION BOURGOGNE, FRANCHE-COMTÉ; PROVINZ SAÔNE-ET-LOIRE /  Die Renovierung eines älteren Bauernhauses führte zu einem bemerkenswerten…

Read More

Hotel

Belmond Mount Nelson Hotel *****

REGION WESTERN CAPE – KAPSTADT / Das “Mount Nelson Hotel” war nach der Errichtung gegen Ende des 19. Jahrhunderts mit…

Read More

Shopping

オッソブーコのリゾット

一年中、残り物には福がある / オッソブーコを成功させるためには、脚のスライスが完全にスゴに覆われている必要があります。残念ながら、これではソースが美味しくても、スゴが残ってしまうのが普通です。肉がなくても、このスゴは手ごたえのあるリゾットにとても適しています。オッソブーコのリゾットを作るために、大きめのモモ肉を1枚追加で購入することもしばしばです。スゴからモモ肉のスライスを取り出し、肉を切り離し、細かく切り、中火ですべてを茹でます。リゾットは、玉ねぎ小1個をみじん切りにしてオリーブオイルで炒め、小さなボウルに入れておく。約0.5リットルの野菜ブイヨン(できればオーガニックのインスタント)を混ぜ、パルメザンチーズをすりおろし、皿に置いておく。再び鍋にオリーブオイルを入れ、リゾット米を炒める。しばらくしたら、白ワインを適量加えてデグラセする。米が隠れるように、野菜スープを使い続ける。野菜スープを入れたらすぐに、スゴをスプーン1杯ずつ入れて煮込み始める。リゾットが乾燥しすぎないように分量を計ってください。あれば、レモンタイムや摘み取ったタイムを少々加えてください。ご飯が好みの硬さになったら、塩、コショウ、バルサミコ酢を少々加え、お好みでRas el Hanoutと中辛カレーやペペロンチーニを挽いたものを加えて味を調える。パルメザンチーズを加えて混ぜ、少し待ってから、好みの硬さになるようにバターを少し加える。 オッソブーコ(肉入り・肉なし)のスゴの残り/リゾ・アルボリオ/玉ねぎ/オリーブオイル/パルメザン/バター/タイムまたはレモンタイム/塩/コショウ/バルサミコ酢/カレー中辛(少々!)/ラスエルハヌー(少々!)/バター/ペペロンチーニ 適宜  hs / 翻訳:DeepL

Read More

Winery

Château Sansonnet – GCC 2012

フランス ボルドー地方のワイン産地 サンテミリオン地区 / サンソンネットとは、ムクドリという鳥の俗称で、現在でも非常によく知られている。18世紀初頭まで、この地所を管理していたのはグアデ家である。その後、デュック・デカズ家に受け継がれ、飛躍的な発展を遂げた。しかし、その理由は、財産の所有権よりも、初老の弁護士としてのキャリアにあった。このため、彼は奉行職を経て内務大臣となり、後に参議院議長に就任した。工業化の進展に伴い、鉱業での活動を優先させるために、領地を売却したのだろう。このような事情から、クタール将軍はここで足場を固めることができた。しかし、その後、プロスペール・ロビンの娘がこの不動産を相続し、プロスペール・ロビンの一族に売却された。こうして、19世紀末から20世紀末にかけての局面が始まった。その後、シャンパンメーカー「パイパー・ハイドシック」の元オーナーであるダーラン家が買収したのは1999年のことです。しかし、それからわずか10年後、ルフェーヴル家にドメーヌが売却されると、所有形態に再び変化が訪れた。現オーナーの活動により、このワイナリーの評価は着実に向上し、業界紙はこのワイナリーで達成された成果をますます喜んで報じている。 2ha弱/機械収穫/23ヘクトリットル/平均樹齢:35年/ギュイヨ/で入手可能です。ドイツ、ベルギー、中国、デンマーク、アメリカ、フランス、香港、イタリア、日本、オランダ、イギリス / オーナー:SCEA Vignobles Devaud hs / 翻訳:DeepL

Read More

Restaurant

Restaurant Pegasus / €€

REGION HARJU / Geschickt nutzt dieses Restaurant die baulichen Gegebenheiten des wohl in den 1960er Jahren entstandenen Gebäudes. Manche Designelemente…

Read More

Location
Tallinn
Hotel

Maison Duroy

REGION NOUVELLE-AQUITAINE – PROVINZ LOT-ET-GARONNE /  Heute weniger bekannt ist die geschichtliche Tatsache, dass die Gascogne einst zum Hoheitsgebiet der…

Read More